ぷれいんぐLinux

Linuxを遊びたい?Linuxと遊びたい?それとも、Linuxに遊ばれたい?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Turbolinux Client 2008

ここ、何ヶ月か仕事のPCはTurbolinux Client 2008を使っていますが、
安定性はあるものの、やはり物足りなさが感じられてきています。

なにが、物足りないのか?

それは、リポジトリにあるパッケージの少なさでしょうか。

使用したいアプリケーションがある場合、UbuntuやFedoraであれば、
リポジトリに入っていますが、
Turbolinuxはほぼ、入っていない。

まあ、ソースを持ってきて、コンパイルし直せばいいってことで、
それを前提に、やってきましたが、
コンパイルするにも、依存するライブラリやアプリが足りなくて、
それも、持ってこないといけない。

一昔前はそれが当たり前で、それがLinuxってことだったんだけど、
もう、そんな世の中は終わっていると感じているわけで。

Server用途であれば、話はわかりますが、
Client用途では、やはりつらいところがあります。
時間がかかってしまう。
言い換えると、「楽しさ」が足りないです。

Linuxがもっと普及してほしいと思うのですが、
面倒くさいOSであれば普及しないよね。
Turbolinuxは、安定性を求めたものなのだとは思うので、
Turbolinuxを否定しているわけでは全然ありません。

だけど、もっと楽しみたいので、
そろそろ、また、Ubuntuに戻ろうかなって考えている次第です。


Telnetd install to turbolinux client 2008

現在、Turbolinux Client 2008を利用しているのですが、
telnetdがないなぁと思って、探してみました。

fedoraなんかは、telnet-serverパッケージなのですが、
turbolinuxは違うみたい。
telnetdのソースを探してもないしさ。

ヒントは、
Turbolinux 11 Server で telnet 機能を使用する
にありました。

turbolinux client 2008をtelnetサーバにするには、
krb5-workstation-servers
のパッケージが必要です。
これをインストールすると、
Telnet、FTP、および rsh/rlogin サーバ
が利用できるようになります。

ってことで、インストール
# yum -y install krb5-workstation-servers

もちろん、Yum ExtenderからでもOKです。
xinetdのパッケージがインストールされていないときには、
それも、インストールされます。xinetdはTCP Wrapperの機能も、含まれているのね。

その後、
/etc/xinetd.d/krb5-telnet
を編集します。このkrb5-telnetの中身をみると、
/usr/kerberos/sbin/telnetd
にインストールされていることがわかりました。
設定箇所は、
disable = yes

disable = no
にします。つまり、有効にするってことです。
保存したら、xinetdを再起動させましょう。

# service xinetd restart

では、ログインしてみます。

$ telnet localhost
Trying 127.0.0.1...
Connected to localhost.localdomain (127.0.0.1).
Escape character is '^]'.

xxxx.xx.xx.jp (Linux release 2.6.24.7-desktop-2mnb #1 SMP Thu Oct 30 18:03:14 EDT 2008) (1)

login: hogehoge
Password:
Last login: Fri Feb 6 12:40:52 on :0
Welcome to Turbolinux.

[hogehoge@xxxx ~]$ _

ってことで、ログイン成功しました。

まあ、telnetは平文でデータが流れるので、
LAN内だけで使用するんですけど、やっぱ、手頃にリモートログインできるから、
楽ちんね。



Create 'CD or DVD' ISO image on Linux

CDやDVDのISOイメージの作成方法です。

作成方法は2種類あります。
 1.ddコマンドを利用する
 2.mkisofsコマンドを利用する
です。
この2つの違いは、
・ddコマンドは、CDもしくはDVDからそのままのISOイメージを作成する
・mkisofsコマンドは、あるディレクトリをISOイメージにする
です。

mkisofsコマンドの応用としては、起動ディスクを作成したい場合には、
起動可能のフロッピーディスクのイメージを合わせて、
ブート可能なディスクを作成することができます。

まずは、1.のddコマンドによる、ISOイメージの作成方法ですが、
以下のようにします。

$ dd if=/dev/cdrom of=ファイル名.iso

ディスクはマウントする必要はありません。
また、/dev/cdromは、CD or DVDのドライブです。複数のディスクドライブがある場合には、
注意しましょう。
ファイル名は、ISOイメージファイルのファイル名です。


次に、mkisofsによる、ISOイメージ作成方法です。

$ mkisofs -a -d -L -l -r -N -o ファイル名.iso イメージ化するディレクトリ

オプションの詳細は割愛しますが、
ファイル名.isoは、出力ファイルで、
イメージ化するディレクトリは・・・そのまま言葉通りです。
-Dオプションをつけると、8階層を超えるディレクトリもそのままイメージ化します。
パッケージの改装になっているJava等のクラス、ソースファイルを保存するときには
つけた方がいいですね。ISOから外れますが、問題ないと思います。

ブータブルディスクの作成方法ですが、
起動可能なフロッピーディスクが必要です。
まずは、フロッピーディスクのイメージを取得します。

$ dd if=/dev/fd0 of=floppy.img

ついに、イメージ化したいディレクトリとガッチャンコします。

$ mkisofs -b floppy.img -r -J -o ファイル名.iso イメージ化するディレクトリ

オプションはそれ相応に追加しましょう。
なんせ、たっくさんあるもので。

Windows 7 Beta on VirtualBox 2.1.2

Windows 7 Betaが一般公開されているわけですが、
VirtualBoxにインストールしました。

VirtualBox 2.1.0までは、GuestAdditionsがWindows 7に対応していないため、
インストールできません。そこで、
GuestAdditionsのインストーラーを右クリックでプロパティを出し、
互換性を Windows Vistaにすると、インストールでき、実行もできます。
画面の自動リサイズもできました。

で、本題ですが、
VirtualBox 2.1.2がリリースされました。
更新内容に、Windows 7 Betaが含まれていましたよ。

素早いですね。ユーザのやりたいことをわかってらっしゃる。
だから、VirtualBoxって好き。

Fedora LiveUSB Creator で Fedora 10 の LiveUSBを作成する

Fedora 10がリリースされてから幾月がたちました。
この、Fedora10をUSBから起動したいと思いませんか?

起動できました。

利用したのは、有名で、簡単にLiveUSBを作成することができる、
LiveUSB Creatorです。

昨年までは、これでは作成することができませんでした。
もう少し、詳しく言うと、Windows版のLiveUSB Creatorでは。
Fedora版LiveUSB Creatorではできたようです。

このたび、LiveUSB Creatorがメジャーバージョンアップし、
LiveUSB Creator 3.x
となりました。
Fedora10が正式に対応したのです。

大晦日に3.0、年明けて3.1、その後すぐに3.2です。

2009/1/7 現在は Fedora LiveUSB Creator 3.2 となっています。
早速ダウンロード&実行です。

ダウンロード先は、
https://fedorahosted.org/liveusb-creator/
です。

作成中の画面。
LiveUSBCreator3.2

Fedora10 LiveCDのISOファイルは事前にダウンロードしておきましょう。
このツールからダウンロードできますが、遅いです。
1.Use existing Live CD の「Browse」で、ISOファイルを指定します。
2.Persistent Storageに、永続化データの書き込み領域の容量を指定します。
3.Target DeviceにUSBメモリを指定します。
4.「Create Live USB」ボタンをクリックします。

そうすると、作成開始。
私の環境では、約13.5分で作成が完了しました。

わーい。

ちなみに、USBメモリは、
4GBの容量があり、WindowsVistaから
FATでフォーマット済みな状態から、作成しました。
もしかしたら、WindowsXPからでは、2GBまでしかFATでフォーマット
できないかもしれません。

ログインが面から、
言語・キーボードレイアウトを日本語に選択してから起動すると、
日本語で起動します。
そのあとは、設定やらなんやらを日本語にカスタマイズしましょう。

アップデートは頻繁にやらないほうが良いと思われます。
永続できる容量は、少ないですし、USBメモリの寿命も縮ませてしまう要因になりようです。
というか、USBメモリの寿命ははなから諦めてますけどね。OSを入れた時点で。

プロフィール

クマぷ~

Author:クマぷ~
Linuxに遊ばれてますか?

FC2カウンター
アドセンス
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
押していただけると励みになります

FC2Blog Ranking

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。