ぷれいんぐLinux

Linuxを遊びたい?Linuxと遊びたい?それとも、Linuxに遊ばれたい?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VirtualBox on Turbolinux with USB

VirtualBoxを
Turbolinux Client 2008
にインストールして利用し始めているのですが、
マニュアルに書いてあるお約束の手順では利用できませんでした。
Turbolinuxだけなのかなぁ。
CentOSやFedoraなどの他のRedHat系Linuxはどうなんだろう。

なにはともあれ、解決はしたのでいいんですが。

で、手順ですが、

1. VirtualBoxをインストールする。
Turbolinux Client 2008には、
"Mandriva 2008.0"用を使いました。All distributionsでも、もちろん大丈夫です。
TurbolinuxはベースがMandrivaだったことを思い出しまして。

2. /etc/fstabはそのままです。なにも編集必要ありません。
通常、Linuxをホストとする場合、fstabファイルを編集する必要があります。
しかし、それを編集しても利用できなかったのです。
デバイスのUSBデバイスを選択しても、すべてグレー表示で、
選択できない状態なの。
/etc/fstabを編集しなくても、
ゲストのUSBを有効にできるんだけど、実際には使えないって状態でした。

3. じゃあ、どうしよう。どうしたら使えるの?って迷う。

4. /proc/bus/usb/001 以下のファイルをみてみる
そうすると、001や002等のファイルがいくつかありますが、
それらのファイル情報の詳細を見てみましょう。
$ ls -l /proc/bus/usb/001
所有グループがusbグループになってます。

5. サブグループに、usbグループを追加してみる。
$ chmod -a -G usb ユーザ名

6. ログインし直す。

7. USBが使えるようになっちゃった。

8. 喜ぶ。使いまくる。

なんか、そんな感じで使えるようになりました。
他の方々はいかがでしょうかね?

VirtualBox 2.0.6 へアップデート

最近気がついたのですが、
Sun microsystems(サンマイクロ)のページからも Sun xVM VirtualBoxがダウンロードできるんですね。
http://jp.sun.com/products/software/virtualbox/get.html
今までは、
http://www.virtualbox.org/からダウンロードしてました。

ま、どっちでもいいんですけどね。

VirtualBox 2.0.6のChangeLogを見ましたが、これといって気になる不具合修正がないので、
アップデートは見送るかな。



VirtualBox 2.0.4 にバージョンアップ

先日、VirtualBox が 2.0.4 にバージョンアップしましたね。
主な更新内容はバグフィックス中心ですが、
個人的に、大きなところと思った点は、
ubuntu 8.10が正式サポートされたことでしょうか。

ベースのOSとしては、8.04を使っていこうとは思っていますが、
とりあえず、8.10をvirtualBoxにインストールして、
様子を見ていこうかと思っています。
ubuntu 8.10は10月30日に正式リリース予定だったと思うのでその後かな。

今月はfedora10もリリース予定なので、
そっちも気になるところ。
ってか、10月28日リリース予定(今日)じゃなかったかなぁ。
ちょっと、調べてみよう。

http://fedoraproject.org/wiki/Releases/10/Schedule

予定が変わってたのね。
2008-11-25 Fedora 10 final release (General Availability)
だって。
来月に持ち越しですね。

最近は仕事も忙しく、ベータ等に手を出せないのでちょっと寂しいです。

VirtualBox 2.0.2 リリース

VirtualBox 2.0.2 が9月12日にリリースされました。
大きな変更はないみたい。
バグフィックスですね
ここに変更内容が載っています
VirtualBox Changelog

個人的に不具合と思った点はありませんでしたが、
一応アップデートしておきました。

Sun xVM VirtualBox 2.0 on ubuntu

9月4日に
VirtualBox 2.0がリリースされてましたね。

1.6からの大きな違いは、ゲストOSの64bitに対応したことみたい。
ホストOSも64bitじゃないとだめみたいだけどね。

主なホストOS(VirtualBox 2.0の動作する環境)は

Windows
・Windows 32-bit Platforms
・Windows 64-bit Platforms

Solaris
・Solaris 10 5/08 and OpenSolaris (32-bit x86 Platforms)
・Solaris 10 5/08 and OpenSolaris (64-bit AMD and Intel Platforms)

Mac
・Mac OS X

Linux 32-bit Platforms(主に最新)
・Ubuntu 8.04 ("Hardy Heron")
・Debian 5.0 ("Lenny")
・openSUSE 11
・SUSE Linux Enterprise Server 10 (SLES10)
・Fedora 9 ("Sulphur")
・Mandriva 2008.0
・Red Hat Enterprise Linux 5 ("RHEL5")

Linux 64-bit Platforms
・Ubuntu 8.04 ("Hardy Heron")
・Debian 5.0 ("Lenny")
・openSUSE 11
・SUSE Linux Enterprise Server 10 (SLES10)
・Fedora 9 ("Sulphur")
・Red Hat Enterprise Linux 5 ("RHEL5")


現在の最新バージョンは
2.0_2です。
私のubuntu環境に導入するために、
virtualbox-2.0_2.0.0-36011_Ubuntu_hardy_i386.deb
をダウンロードしました。

で、早速インストール。
virtualbox 1.6.4で入力できないキーがあったのですが、
それが直っていることを期待して・・・・
(ちなみに、現在は 1.6.2を使ってました)

$ sudo dpkg --install virtualbox-2.0_2.0.0-36011_Ubuntu_hardy_i386.deb

未選択パッケージ virtualbox-2.0 を選択しています。
dpkg: virtualbox-2.0 を選択するために virtualbox の削除を考えています ...
dpkg: 問題ありません。virtualbox-2.0 を選択するために virtualbox を削除します。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 135858 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(virtualbox-2.0_2.0.0-36011_Ubuntu_hardy_i386.deb から) virtualbox-2.0 を展開しています...
* Stopping VirtualBox kernel module
* Cannot unload module vboxdrv
* Shutting down VirtualBox host networking * done.
virtualbox-2.0 (2.0.0-36011_Ubuntu_hardy) を設定しています ...
設定ファイル /etc/init.d/vboxnet を新規にインストールしています ...
addgroup: グループ `vboxusers' はシステムグループとして既に存在します。終了します。
* Stopping VirtualBox kernel module
* Cannot unload module vboxdrv
* Starting VirtualBox kernel module * done.
* Starting VirtualBox host networking * done.


と、いうことで無事にアップデート完了。
vbox2.0

Windows XP を起動しました。

virtualbox 1.6.4で入力できないキー(文字)は解決していました。
よかったよかった。"|"や"\"や"_"が入力できるよ。できるよ。

vboxバージョン2.0

画面にありますが、
Guest Additions のバージョンも2.0.0になっているので、
インストールしてみます。
ってか、どこがアップデートするのかわからないんですけどね。
グラフィックドライバのバージョンなんかも、2.0.0にはなってはいるけど・・・

後は、若干GUIの見た目がちょっとだけ変わったみたい。


そういえば、まだ、CentOSがゲストOSになかったのが残念。
結構、VirtualBoxでCentOSをインストールする人が多いみたい。

CentOSをゲストOSとしてインストールしたことありましたが、
1.6.4の時には、Guest Additionsがサポートしてないようで、
マウス関連はOKでしたが、
グラフィック関係は、画面のサイズが動的に変更できない状態だったので、
あとで、やってみようかなと。
期待せずに。
続きを読む
プロフィール

Author:クマぷ~
Linuxに遊ばれてますか?

FC2カウンター
アドセンス
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
押していただけると励みになります

FC2Blog Ranking

カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。