ぷれいんぐLinux

Linuxを遊びたい?Linuxと遊びたい?それとも、Linuxに遊ばれたい?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

bridge-utilをソースからインストール

Toubolinux Client 2008 を使い始めました。

まずは、日本語ネットワーク環境としては、最高でしょうかね。
1番は、Windowsネットワークに簡単にアクセスできるってこと。
しかも、日本語のコンピュータ名、ディレクトリ名がついていても、
そのままあっさりと使うことができます。


しかしながら、使ってみて、いくつか問題点がありました。
と、言っても不具合とかではなく、個人的に必要なパッケージがなかったり、
動作しなかったりってことでですけどね。

大きなところとしては、
bridge-utilパッケージがないということ。

仮想環境が切手は切り離せなくなった私ですが、
VirtualBoxをインストールし、クライアントとしてWindows XPを。
さらには、Windows XPに固有のIPアドレスを設定し、Windows ネットワークに
接続できなければ、今後使っていくディストリビューションのリストから外さなくては
いけません。
そのためには、bridge-utilパッケージが必要なのです。

当たり前のように
$ yum install bridge-util
と実行したら、
No package bridge-util available.
だって。パッケージが見つからないと。

な~に~~~?

困った。じゃあ、ってことで、Turbolinux者のFTPサイトにないか、
探してみました。

はいっ、だめ~~。ありませんでした。Server製品にもないんだよね。

なので、次にやることは一つ。
ソースを持ってきて、コンパイル&インストールを実施するまで。

ソースは、以下のサイトにありました。
NetBridge
正確には、このサイト経由でダウンロードすることができました。

最新バージョンは、bridge-utils-1.4
1.4です。
bridge-utils-1.4.tar.gz
をダウンロード。
tar.gzなので、

$ tar xvfz bridge-utils-1.4.tar.gz
で、展開。

$ cd bridge-utils-1.4
で、ディレクトリ移動

ファイル一覧をみたら、configureがない。
でも、configure.inがある。
しらべてみたら、configure.inから、autoconf というプログラムを実行することで、
configureを作成してくれるんだって。

でも、Turbolinuxにはもともと、autoconfがありません。
でも、これは、yumでインストールできます。

$ su
# yum install autoconf
# exit
$
で、完了。
bridge-utils-1.4のディレクトリのままで、
単純に、
$ autoconf
と実行しましょう。
configureのできあがり。
では、早速、

$ ./configure
$ make

さらに、

$ su
# make install exec_prefix=/usr

としましょう。
ここで、ポイント!
exec_prefixでインストール先を /usr にしましょう。
そうじゃないと、Turbolinuxでは、brctlがない!!って泣いてしまいます。

結構苦労しました。
他のディストリビューション(ubuntu)のbrctlの置き場所を参考にしました。

さ、これで、VirtualBox on Turbolinux Client 2008 with "ブリッジ接続" の準備が
整いました。

よかったね。

Turbolinux Client 2008 on VirtualBox 2.0.2

VirtualBoxにTurbolinux Client 2008をインストールしました。

以前は、Guest Additions がインストールできないと思っていましたが、
単に、カーネルソースとgccをインストールしていないだけだったんでした。
そのまま、Guest Additionsをインストールしようとすると、
以下のエラーで終了してしまいます。

# /media/VBOXADDITIONS_2.0.2_36486/VBoxLinuxAdditions-x86.run
Verifying archive integrity... All good.
Uncompressing VirtualBox 2.0.2 Guest Additions for Linux installation.........................................................................................................................................................................................
VirtualBox 2.0.2 Guest Additions installation
Please install the build and header files for your current Linux kernel.
The current kernel version is 2.6.24.7-desktop-1.uc2mnb
Please install the GNU compiler.
Problems were found which would prevent the Guest Additions from installing.
Please correct these problems and try again.


デフォルトでは、開発環境は入らないのね。
Turbolinux Client 2008って。

では、VirtualBoxにインストール開始。

1. ISOイメージをマウント
ISOイメージをダウンロードし、ISOファイルのまま、
VitrualBoxの仮想マシンにマウントさせます。

2.仮想マシンを起動
仮想マシンを起動し、CD-ROMから起動させ、
Turbolinux Client 2008 Liveを立ち上げます。
そして、普通にインストール開始。

3.仮想マシンのハードディスクから起動
インストールされたTurbolinuxを起動します。
無事に、起動したら、カーネルソースとgccをインストールのため、
シェルを起動し、suコマンドで、ルートになっておきます。

4.gccとKernel develのインストール

# yum install gcc kernel-desktop-devel-latest

5.Guest Additionsのインストール
# /media/VBOXADDITIONS_2.0.2_36486/VBoxLinuxAdditions-x86.run
Verifying archive integrity... All good.
Uncompressing VirtualBox 2.0.2 Guest Additions for Linux installation.........................................................................................................................................................................................
VirtualBox 2.0.2 Guest Additions installation
Attempt to remove old DKMS modules...
Done.
Building the VirtualBox Guest Additions kernel module...
Building the shared folder support kernel module...
Installing the VirtualBox Guest Additions...

Successfully installed the VirtualBox Guest Additions.
You must restart your guest system in order to complete the installation.


ってことで、インストール完了でした。
再起動して確認。

マウスの統合や画面の自動リサイズもしっかり有効になってます。
すばらしい。
そういえば、ゲストOSとしてのCentOSは自動リサイズできないんだったんだよなぁ
どうにかしたいなぁ。


たった今、気がついたのですが、
Anthyが調子悪いね。
半角/全角キーを押下すると、右下で点滅してるよ。
まるで、キーを連打したときのように。
で、なにか文字を入力したときの状態(ONかOFF)で
キー入力される。
なんだ?スロットゲームか?
日本語が入力できたり、できなかったり、ラジバンダリ・・・・

VirtualBoxで仮想ディスクを複写する (clone vdi)

VirtualBoxでは、仮想ディスクをコピーコマンドにて複写した VDIファイルを
オリジナルの仮想ディスク(VDIファイル)を同時に利用することができません。

同じ環境を2つ作りたくて、単純な考えでVDIファイルをコピーすることで、
仮想ディスクの複製を作ろうとした安易な考えでした。

オリジナルを、ディスクとして登録した状態で、
コピーしたディスクを新たに追加しようとすると、
こんなエラーが表示されました。
ディスク追加エラー

UUIDが重複してはだめってことですね。
UUIDは周辺装置でユニークではないとだめなようです。

じゃあ、だめなのかぁ。

VDIファイルをバイナリエディタで編集してUUIDを書き換えるとか・・・・・
不可能に近い・・・・

ってことで、ヘルプにHELP!

あ、あった。
Chapter 8. VBoxManage reference
にありました。

VBoxManage コマンドを利用することで、
clone vdiファイルを作成することができるようです。

[書式]
VBoxManage clonevdi |

ということなので、

早速実行
$ VBoxManage clonevdi .VirtualBox/VDI/WindowsXP.vdi ~/.VirtualBox/VDI/WindowsXP_Clone.vdi
VirtualBox Command Line Management Interface Version 2.0.2
(C) 2005-2008 Sun Microsystems, Inc.
All rights reserved.

0%...10%...20%...30%...40%...50%...60%...70%...80%...90%...100%

で、完了したみたい。

では、GUIの仮想ディスクマネージャで追加してみます。
ディスク追加できた

追加できました。
わーい。

Turbolinux Client 2008 installed to USB

2008年8月29日からダウンロードできるようになった、
Turbolinux Client 2008 Live Editionを使ってみました。

このLive Editionは無償です。
ダウンロードは
Turbolinux Client 2008のページから行くことができます。

簡単な個人情報を入力しないといけないのですが、
入力したメールアドレスにダウンロードサイトのURLが送られてきます。
そこから iso形式のCD-ROMイメージをダウンロードします。

で、isoをCD-Rに焼けばディスク作成完了なので、
そのCD-Rからブートさせることで
Turbolinux Client 2008が起動します。

ハードディスクへのインストールは
起動後のデスクトップにアイコンがあるので、そこからインストーラが起動します。

USBへのインストールはそのアイコンからではできません。
端末から手動でツールを起動するのですが、
そのツールは

turbousbinst

です。

注意としては管理者で起動しないと、
USBの初期化等ができないです。

そのため、USBへのインストールツールを起動するまえに、
$ su
で管理者になっておきましょう。
TurbolinuxはRed Hat系なので、sudoではなく、suで管理者になります。

さらに注意事項。
USBメモリは、まだ差し手はいけません。
ターボUSBインストールツールで、指示があってから挿入しないといけません。

管理者になったら、
# turbousbinst
で起動させましょう。

途中、USBメモリを挿入しろっていわれるので、
そのときに挿入します。

USBメモリの中身はすべて削除されるので、
あらかじめ必要なファイルはバックアップをお忘れなく。

USBブートには形式が2つ選択でき、
USB ZIP

USB HDD
があります。
一昔前のシステムでは、USB ZIPしか使えないものがありますよね。
最近のシステムではUSB HDDが当たり前になってきていますね。
デフォルトでは USB ZIPが選択されています。
USB HDDが対応しているかわからない場合には、
USB ZIPで問題ないと思います。
USB ZIPで問題なく起動しましたよ。

USBにインストールして、USBからブートしてみましたが、
結局、CDイメージをUSBに入れただけって感じ。
デスクトップに「HDDへのインストール」アイコンも残っていますし。

何はともあれ、
超簡単にUSBブートのlinuxが完成します。

今度やってみたいのは、
wizpyにインストールすること。
wizpy固有のツールはあきらめるしかないかなぁ。
パーティション構成も消されちゃいそうだから、
たぶん、そのままだったらまったく意味ないな。

Linux部分だけ入れ替えできないかな。
とりあえず、パーティション情報をみてみなくてはね。

Tourbolinux Client 2008 Live Edition が雑誌に

今日、書店によったら
雑誌、Linux Fan Vol.12に
Turbolinux Client 2008 Live Editionが付録でついていました。

turbolinuxのサイトではβのRC4だったはず。
雑誌が先行してますね。

それとも、もともとturbolinux Client 2008 のリリースが8月9日だったのですが、
リリース日がずれたために雑誌が先行してしまったのかもね。

とりあえず、virtualboxにはインストールしたのですが、
Guest Additionsがうまく、インストールできないんです。
インストールスクリプトを実行しても、即エラー。

なので、virtualboxでは使い勝手悪い状態。


なにはともあれ、ディスクの空き容量を計算して、
空き容量をつくらなくちゃ。
プロフィール

クマぷ~

Author:クマぷ~
Linuxに遊ばれてますか?

FC2カウンター
アドセンス
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
押していただけると励みになります

FC2Blog Ranking

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。