ぷれいんぐLinux

Linuxを遊びたい?Linuxと遊びたい?それとも、Linuxに遊ばれたい?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nLiteを使って Windows XP を "SP3適用済み" にする

Service Pack 3 を適用させたWindows XPを作ってみました。

現在、ホストOSをLinuxに、ゲストOSをWindows XPにしているのですが、
XPの再インストールするために、SP3統合済みがある便利そうじゃない?

SP2までは、標準で統合用プログラムがついていた気がしたんだけど
SP3ではついていないみたい。

Windows XP Service Pack 3 (SP3)って、Windows Update自動更新でインストールできるけど、
最初から適応されていると、やっぱり楽だよね。
ついでに、プロダクトキーも入力済みにしてしまいました。

利用するアプリケーションはnLiteというもの。Vista用のvLiteってのもあります。
あとは、当たり前ですが、Windows XPとSP3です。

SP3は、ここ→マイクロソフトのHPからCD-ROMイメージのものをダウンロードしました。

nLiteは、http://www.nliteos.com/nlite.htmlからダウンロードしました。
nLiteとは、OSインストールCDへのSP統合から、不要なコンポーネントの削除、無人インストール用応答ファイル作成、ドライバ・hotfix・アップデートパックの統合、ISOイメージファイル作成、そしてブータブルCD/DVDの作成などを、ウイザードに沿って実行できるアプリケーションです。

軽量化Windows XPなんてのを作成できるみたい。

でも、今回は、SP3適用済み、プロダクトキーの入力済み、ブータブルCD作成を行いました。

nLiteの使い方は、いたって簡単。

1 Windows XPをハードディスクにコピー(この方が作業が速いです)

2 nLiteをインストールして、実行
nLite1

  
nLiteにやってもらう作業も指定します。
nLite3

私はサービスパックの統合、ブータブルISOイメージ、無人インストールをチェックしました。

3 Windows XPの場所を指定
nLite2


4 nLiteにSP3の適用実行ファイルを選択
指定するファイルは、SP3を展開しているのであれば、i386フォルダ内にある、update.exeファイルですが、展開していないのであれば、展開する前のファイル(これもexe形式)です。

5 統合されると、Windows XPのバージョンがSP3となります
nLite4


6 あとは、焼き焼き
  「次へ」と進んでいくだけで焼きまでやってくれます。
  私の場合は、念のため、イメージを作成してからそのイメージを焼きましたけどね。
  あと、途中で、プロダクトキーも入力しておきました。

SP3を適用したWindows XPは700MBを若干超えます。でも、手持ちの700MBのCD-Rに焼くことができました。容量がぎりぎりセーフだったみたい。これは、メディアにも依存するかもしれません。ちなみにTDKのメディアでした。

個人的に、よくインストールし直しをするのでこれでXP SP3のインストールが少しは楽になります。
nLiteに感謝感謝。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

クマぷ~

Author:クマぷ~
Linuxに遊ばれてますか?

FC2カウンター
アドセンス
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
押していただけると励みになります

FC2Blog Ranking

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。