ぷれいんぐLinux

Linuxを遊びたい?Linuxと遊びたい?それとも、Linuxに遊ばれたい?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

turbolinux FUJIのリコーフォントをubuntuに入れちゃおう

turbolinux FUJIを所有しているのですが、
turbolinux FUJIにはリコーのフォントがいくつかついています。

現在は、turbolinux FUJIはアンインストールされており、
ubuntu 8.04環境にしているので、もったいないなぁってことで、
ubuntuにリコーフォントを入れてみました。

しかも、手動ではなくて、
rpm(RedHat Package Manager : RPM Package Manager)パッケージをdebパッケージに変換してインストールしてみました。

結果からいうと、debパッケージに変換時に警告は出ましたが、
使えるようになったので、
OpenOfficeで大活躍中です。
IPAモナー関係のフォントよりも、やっぱりきれいね。


1.まずは、パッケージ変換のためのアプリケーションである
alienをインストールします。

$ sudo apt-get install alien

2.次に、変換します。

$ sudo alien -d /リコーフォントの場所/ricoh-fonts-1.1-4.noarch.rpm

Warning: Skipping conversion of scripts in package ricoh-fonts: postinst postrm
Warning: Use the --scripts parameter to include the scripts.
ricoh-fonts_1.1-5_all.deb generated

と警告がでてきますが、とりあえず完了したようなので、
インストールを実行しちゃいます。
debパッケージは、カレントディレクトリにできています。
完成したdebパッケージは、
ricoh-fonts_1.1-5_all.deb
という名前です。

3.リコーフォントのインストール実行

$ sudo dpkg -i ricoh-fonts_1.1-5_all.deb
未選択パッケージ ricoh-fonts を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 136403 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(ricoh-fonts_1.1-5_all.deb から) ricoh-fonts を展開しています...
ricoh-fonts (1.1-5) を設定しています ...

で、完了。
OpenOffice Writerで確認してみましょう。
OpenOfficeでリコーフォント

フォントの頭には、TLがついていますが、それがインストールされたフォントです。
TurboLinuxの略称ですね。TLは。

印刷も無事、できました。
IPAモナーPゴシックって字間が微妙なものがありましたが、
ばっちりきれいです。
教科書体、行書体、丸ゴシックなんかもありますよ。
スポンサーサイト
プロフィール

クマぷ~

Author:クマぷ~
Linuxに遊ばれてますか?

FC2カウンター
アドセンス
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
押していただけると励みになります

FC2Blog Ranking

カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。