ぷれいんぐLinux

Linuxを遊びたい?Linuxと遊びたい?それとも、Linuxに遊ばれたい?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IE6 on Linux with Wine

InternetExplorer6 (以下 IE6)をLinuxにインストールしてみました。
もちろん、Wineが必要です。

Wineがインストールされていることを前提に進めていきます。

参考URL
http://www.tatanka.com.br/ies4linux/page/Installation:Ubuntu

1. cab展開ツールのインストール

$ sudo apt-get install cabextract

2. IEs 4 Linuxのダウンロード

$ wget http://www.tatanka.com.br/ies4linux/downloads/ies4linux-latest.tar.gz
3. IEs 4 Linuxの展開

$ tar zxvf ies4linux-latest.tar.gz

3. IEs 4 Linuxのインストール
$ cd ies4linux-*
$ ./ies4linux

IEs 4 Linux インストール画面


インストール中の画面です。
MicrosoftからIEをダウンロードしてくれます。
IE6のインストール中


4. IE6の起動
IEは ~/bin/にインストールされます。パスを通しておくと便利でしょう。
$ ~/bin/ie6

IE6Linux.png

ご覧の通り、フォントが変なので
[ツール][インターネットオプション][フォント]から、自分の好きなフォントを設定しましょう。
IPAモナーゴシックがおすすめです。
googleツールバー3もインストールできます。4はOSがだめって怒られちゃった。
スポンサーサイト

Wine on ubuntu Vol. 2 (Final)

Wineの使い方ですが、
わかってきました。

Wineは、Windows環境をLinux内に構築するんですね。
~/.wine 以下のディレクトリに
WindowsのCドライブやレジストリ用のファイルなどが入っているね。
WindowsのCドライブに値する drive_c以下に"windowsフォルダ"や"Program filesフォルダ"があったりと。

Wineをインストールすると、Windowsのプログラムのexeファイルをダブルクリックするだけで、
起動してくれますが、インストールなんかは以下の用に実行します。

Windowsプログラムのインストール方法

.exeの場合は

$ wine ファイル名.exe


.msiの場合は

$ wine msiexec /i ファイル名.msi
(wineでmsiexecを動作させ、msiexecプログラムが指定したファイル名.msiを動かすって感じみたい。一応 $ msiexecだけでも動くけど、環境依存かもしれないので。)


.inf形式の場合は

$ wine rundll32 setupapi,InstallHinfSection DefaultInstall 132 ファイル名.inf
(ちょっと、ややこしいね。個人的に使うことないことでしょう。)


いくつか、実行してみましたが、
インストーラが文字化けしちゃって、書いていることがわからないね。
全部四角になっちゃってるの。

そうそう、WineでOffice2007を使いたい!って思い、
setup.exeを起動してみました。
あえなく玉砕。そのままではだめみたい。
探ってみたら、いろいろとやり方が見つかりました。

絶対に起動させてやる
WineでWord2007, Excel2007, PowerPoint2007の3つが動けば
仕事になるんだけどなぁ。
プロフィール

クマぷ~

Author:クマぷ~
Linuxに遊ばれてますか?

FC2カウンター
アドセンス
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
押していただけると励みになります

FC2Blog Ranking

カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。